口腔の健康をサポートする情報サイト

>

歯の受け持つ役割とは

矯正のメリット

矯正のメリットは見た目の美しさだけでなく、顎関節の動きの改善、歯ぎしりの軽減など多く挙げられます。また噛み合わせが整う事により十分咀嚼されるため胃腸など消化器官への負担を減らすことができます。歯ブラシがしやすくなり虫歯、歯肉炎、歯周病リスクを下げます。
さらに虫歯や歯周病の予防になったり体全体のバランスが整います。歯並びや噛み合わせが良くないと、体全体に負担がかかります。結果、頭痛、肩こり、腰痛などの症状を引き起こすことさえあります。
そして咀嚼は唾液の分泌を促し、脳に刺激を与えます。唾液は免疫力アップにも役立つといわれています。
歯並びが原因での口呼吸を正すことで、正しい呼吸法が身につき健康な呼吸環境を整えます。
その他コンプレックスからの解放や発音の改善にも役立ちます。

矯正のデメリット

矯正に伴うデメリットについてです。
まず、痛みを伴うことがあります。特に大人の歯は、子どもの歯と比べて、しっかりと固まっています。その状態から力を加え歯を動かしていくので、最初の頃は痛みを感じることがあり、また歯や歯茎にダメージが出ることがあります。
次に、器具装着のため歯磨きがしにくくなる事があります。また歯磨きなどのケアを丁寧に正しく行うことが必要です。
それに時間がかかるということも挙げられます。半年から特に大人の場合、定着までに3~5年かかります。
なにより費用がかかるという事も多くのことが一番気にされる点ではないでしょうか。
装着もちろん治療は通院も続くので、ある程度費用がかかります。
さらに治療中はその見た目が気になり、人前で大きく口を開けることを躊躇う方もいます。
そして、違和感です。器具装着のため口内に違和感を感じることがあります。